カテゴリー

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 

■イラストレータのバージョン・受付環境

弊社データ受付環境は「Adobeイラストレーター CC(Creative Cloud) windows版」となります。 拡張子は「ai」or「eps」。

■色に関するご確認事項と注意点

モニターやプリントアウトした用紙でご確認いただく色と実際の製品の色は異なります。
(これは発色方法・印刷方法・印刷機の違いによる現象のため、ご了承いただきますようお願いします。)
カラーモード、色の指定はCMYKでお願いします。
RGBやDIC指定・特色・スポットカラーで入稿された場合はイメージと異なる色となったり予期せぬ色の変化が生じる場合があります。
色の誤差によるお客様からのクレーム・返品はお受けできません。

■書体(フォント)

  文字などのテキストデータは全て「アウトライン作成」をしてください。

■画像について。

画像の解像度が低いとドット(ギザギザ)が目立つ粗い仕上がりとなります。
(推奨解像度=のぼり旗の場合は原寸で100dpi程度)
リンク画像をご利用の場合はリンク画像名を半角英数にて表記ください。

■サイズについて。

原則として原寸でのデータ作成をお願いしていますが、縮尺される場合は1/10のサイズで入稿頂いても結構です。
縦(H)×横(W)を明記ください。(縮尺されている場合は縮尺率も明記ください。)
ご注文のサイズと作成されたデータのサイズが異なる場合、製造工程に進めません。

■塗り足し・印刷可能範囲について。

商品によっては印刷可能範囲が仕上がサイズ以下のものがあります。(スクリーン印刷で製造される募集看板・誘導看板・ステッカーetc.)
その場合 材料端4辺に5弌10伉度の白フチが必要となります。(白フチの数値は商品によって異なります。事前にお問合せください)
また、材料端まで印刷が可能な商品は仕上がりサイズより10mm程度塗り足しが必要となります。
(製造工程上 若干のズレが発生しますので印刷範囲ギリギリのデザイン・文字は再現できない場合があります。)

■印刷方法の違いによるルールや注意点

※印刷方法は製品やデザイン内容、ロットによって異なりますので事前の打ち合わせをお願いいたします。
※インクジェット印刷の場合は写真などの画像やグラデーションの印刷が可能ですが
  スクリーン印刷の場合、写真などの画像やグラデーション、「ぼかし」等の効果機能はご利用できません。
  またスクリーン印刷の入稿データは「パスで作成したデータ(ベクターデータ)」が原則となります。
  (複雑なパスデータの場合はスクリーン印刷での対応が困難な場合がございます。)

■その他の注意事項

※細かなデザイン・文字は再現できない場合がございます。推奨サイズは商品によって異なります。事前にお問合せください。
(参考/ のぼり旗(スクリーン印刷)はアルファベットで約10伉度 線の太さは約0.5舒幣紊鬚勧めしております。)

※「ぼかし」等の効果機能や新機能を使用したデータは出力トラブルが報告されています。事前に打ち合わせお願いします。
※文字化けやエラーによるトラブル防止の為 デザイン内容確認用のPDFや画面キャプチャ(スクリーンショット)などJPEG画像も一緒に添付してください。

ページトップへ